ホセアルナイスのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値が低すぎ?!

随分と荒々しいサッカーをするもんだと驚いた。

派手な衣装を身にまとい雄々しく戦うマタドールともいうべきか、闘志満々のプレースタイルである。

日本では、ほぼ名前が浸透されていないが、ヨーロッパではスペインリーグにおける台風の目となることを予感させる有望な選手であるそうだ。

今回ご紹介する選手は、そんな地元スペインの期待と注目が熱いバルセロナBチームに所属するホセ・アルナイスである。

無名であった選手がメッシのようにスターの座を掴むことができるのか、その将来を語る。

続きを読む

ピックフォード(エバートン)のプレースタイルは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

2016-17シーズン、プレミアリーグで最下位に終わり、2部降格の憂き目にあったサンダーランドの中で、評価を高めた数少ない選手の一人がゴールキーパーのピックフォードである。

最下位のチームなので当然失点が多かったのだが、それ以上に彼のファインセーブでチームが救われたシーンが目立っていたということである。

実際に、地元ではピックフォードがいなければ、もっと早く降格が決定していたと言われているほどである。

今回はそんなイングランド期待の若手ゴールキーパー、ピックフォードのプレースタイル、移籍話などをまとめてみた。

続きを読む

ドミニクソランケ(リバプール)のプレースタイルは?ウイイレやFIFAの能力値も気になる!

昨シーズンのイングランドプレミアリーグにおけるチェルシーの強さは圧巻の強さであった。

序盤から中盤までの13連勝や、イタリア人監督のアントニオ・コンテ氏が敷いた3-4-3の布陣が見事にはまり2期ぶりの優勝を成し遂げた。

そんな隙の無い戦いを見せたチェルシーから才能溢れる若き逸材がまたも流出した、それが今回ご紹介するアンダー21歳のイングランド代表、ドミニク・ソランケである。

ナイジェリア人の血も流れる若き点取り屋の活躍は、新天地であるリバプールにおいても花開くのか、その未来に注目する。

続きを読む

トプラクのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

エメル・トプラク

サッカーのトルコ代表と言えば、2002年、日韓ワールドカップにおいての快進撃が鮮烈に記憶された。

ハカン・シュクルやトゥンジャイ・シャンルなどの荒々しくて圧倒的な迫力で襲い掛かるサッカーは、私たち観客を虜にした。

あの大変盛り上がった日韓大会での3位という成績依頼、思うような結果を残せていないトルコ代表であるが、今回ご紹介する選手は、そんなトルコの復権を託せると期待できる守備のスペシャリスト、エメル・トプラクである。

ヨーロッパの古豪としてのプライドを再び取り戻すことができるのか、エメル・トプラクの未来と共に迫る。

続きを読む

カスパードルベリの移籍やプレースタイルは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

オランダの貴公子とは彼のことを言うのだろうか、たなびくブロンドの髪をなびかせ華麗に美しく若獅子のように舞うプレーは、古代ローマの勇敢な戦士グラディエーターを彷彿させる。

オランダで旋風を巻き起こしているこの選手は、今後のマーケットの中心になることは誰の目にも明らかだ。

今回ご紹介するのは、そんなオランダで輝きを放っているアヤックスに所属する、カスパー・ドルベリである。

サッカーにおける必要な要素を天から与えられた贈り物であるかのように余すことなく表現するカスパー・ドルベリのサッカーセンスに迫っていく。

続きを読む

イドリッサゲイェのプレースタイルやポジションは?FIFAやウイイレの能力値も気になる!

イドリッサ・ゲイェ

セネガル代表と言えば、2002年日韓ワールドカップでの大活躍が記憶に残っている方が多いのではないか。

強豪ひしめくグループリーグを1勝2分けで突破し、デンマークに次ぐ2位で見事、決勝トーナメントに進出した。

正直、サッカーのセネガル代表と言われて、あまりピンと来ることがなかったが、唯一フランス代表の国籍も持つデン・ババを思い出した。

今回は、優れたアフリカ選手の継承を受け継ぎ、キャリアの頂点を迎えている同じセネガル代表、イドリッサ・ゲイェにスポットを当てる。

続きを読む

ジンチェンコのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値を調べてみた!

オレクサンドル・ジンチェンコ

ウクライナのサッカー選手と言えば、ACミランで活躍し、バロンドールを受賞したアンドリー・シェフチェンコが真っ先に思い浮かぶだろう。

しかし、今、英雄シェフチェンコを超える可能性を持った若者が登場しているのをご存知だろうか。

ウクライナの至宝と評されるオレクサンドル・ジンチェンコである。

2015年10月12日に開催されたユーロ2016の予選スペイン代表との一戦で18歳にして初キャップを記録し、翌2016年5月29日に行われたルーマニア代表との親善試合では19歳で初ゴールを記録している。

そしてこのゴールがアンドリー・シェフチェンコが保持していた最年少得点記録を19歳に更新するゴールとなった。

今回の記事では、そのジンチェンコのプレースタイル、ポジションなどについて紹介する。

続きを読む

イウォビのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

アレックス・イウォビ

ピッチを飛び跳ねるように美しく舞い踊りながらのサッカーは、見ている者を爽快な気分にさせてくれる。

アーセナルの本拠地であるウェンブリースタジアムでの喝采を一身に浴びて活躍する姿は若き英雄を思わせる。

今回ご紹介する選手は、そのウェンブリースタジアムをホームタウンとするイングランドの超名門クラブ、アーセナルに所属するアレックス・イウォビである。

プレミアリーグの頂点を極めて久しいアーセナルにおける革新のトリガーとなれるのか、内外の注目が、この21歳の若者に注がれている。

続きを読む

インモービレがラツィオ移籍で復活!プレースタイルとウイイレやFIFAの能力値を調べてみた!

チーロ・インモービレ

イタリアの背番号10を背負い、ゴール前で悲しく佇んでいたロベルト・バッジョを思い出した。

1994年、アメリカで行われたワールドカップで世界を魅了した美しいストライカーであった。

今回ご紹介する選手、チーロ・インモービレを取り上げる際に、イタリアのレジェンドを取り上げないわけにはいかないと感じた。

イタリアのストライカーにはプロとして抜け目のない完璧なストライカーとしての資質が求められる。

チーロ・インモービレにその資質があるのかどうか、大きな試練を乗り越えた伊達男の才能に迫る。

続きを読む