ブンデスリーガ

トプラクのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

エメル・トプラク

サッカーのトルコ代表と言えば、2002年、日韓ワールドカップにおいての快進撃が鮮烈に記憶された。

ハカン・シュクルやトゥンジャイ・シャンルなどの荒々しくて圧倒的な迫力で襲い掛かるサッカーは、私たち観客を虜にした。

あの大変盛り上がった日韓大会での3位という成績依頼、思うような結果を残せていないトルコ代表であるが、今回ご紹介する選手は、そんなトルコの復権を託せると期待できる守備のスペシャリスト、エメル・トプラクである。

ヨーロッパの古豪としてのプライドを再び取り戻すことができるのか、エメル・トプラクの未来と共に迫る。

続きを読む

トリッソのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

コランタン・トリッソ

近夏ブンデスリーガ史上最高額となる移籍金でバイエルンに移籍したトリッソ。

ビダル、ティアゴ・アルカンタラなど、タレントがひしめくバイエルンの中盤でシャビ・アロンソの後釜としてポジションを掴めるかが注目されています。

今回は、この注目の23歳フランス代表MFについて、プレースタイルやポジション、特徴をまとめてみました。

続きを読む

ファビアンベンコのプレースタイルやポジションは?バイエルン若手注目株のFIFAやウイイレの能力値も気になる!

ファビアン・ベンコ

あの名将グアルディオラが「彼の質の高さを確信している」と太鼓判を押していた選手。

優秀な選手を次々と排出するバイエルン・ミュンヘンの下部組織出身の中でも、その才能はひときわ光り輝いている。

いつかトップチームで活躍するであろう才能、ファビアン・ベンコについて、今回は紹介したい。

続きを読む

エミルフォルスベリのプレースタイルや移籍は?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

エミル・フォルスベリ

カッコイイ選手が出てきたものだと大変感心した。

北欧の特徴をたっぷりと纏い、紳士で優雅にプレーをするエミル・フォルスベリが、今回ご紹介する選手である。

スェーデン代表と言えば、ヘンリク・ラーションやフレドリク・ユングベリ、トマス・ブロリンなどワールドカップで活躍した選手を中心に堅実で華やかなプレーで観衆を魅了したことが記憶に残っている。

そして、何よりその象徴となっているのが厳然と聳える孤高の天才、ズラタン・イブラヒモビッチだ。

ズラタンを初め、偉人たちが歩んだ華麗なスェーデンサッカーの系譜を継ぐことができるのか、次代の天才がこれからのサッカー界に何を示せるのか、今後の未来に迫る。

続きを読む

ニクラスズーレのプレースタイルやバイエルンでのポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も気になる!

ニクラス・ズーレ

ブンデス・リーガで絶対的王者として君臨し、恨みに近い羨望を集めているバイエルン・ミュンヘンです。

強いからねたまれるのは当然ですが、えげつなく選手をかき集めるやり方が恨みにつながってますね。

なにしろ、国内のライバルチームから主力選手や有望選手をバンバン引き抜いちゃう。

自チーム強化だけでなく、ライバルの弱体化も同時に成し遂げちゃうんだから、リーグに君臨して当たり前だよな。

いい加減にしたらどうだ、って声があがるの当然かも。

で、今シーズンもやってくれました。

ホッフェンハイムの躍進の原動力のひとりだった、ニクラス・ズーレを獲得してしまいました。

昨シーズン、ドルトムントからフンメルスを奪ったのに飽き足らず、返す刀でホッフェンハイムに手を伸ばしたっていう形ですね。

しかも、ホッフェンハイムからは、ズーレと同時に、キャプテンでドイツ代表のMF/セバスチャン・ルディまで獲得してます。

やっぱり、ちょっとやり過ぎな感じですよね。

続きを読む

パスラックのプレースタイルや香川との関係は?FIFAやウイイレの能力値も調べてみた!

フェリックス・パスラック

ドルトムントユースの最高傑作と言えば、誰をイメージするだろうか。

近年、活躍したプレーヤーで言えば、マリオ・ゲッツェやマルコ・ロイス、ヌリ・シャヒンあたりだろうか。

そして今、彼らに続き「ドルトムントユースの最高傑作」と言われ、また一部では「ドイツ最大の才能」と言われている選手がいる。

名将ユルゲン・クロップ、トーマス・トゥヘルの両指揮官がともに認めた若き逸材フェリックス・パスラックについて、今回紹介する。

続きを読む

プリシッチのプレースタイルやポジションは?香川との比較やウイイレやFIFAの能力値も!

クリスチャン・プリシッチ

18歳の若さでアメリカ代表の中心選手としてプレーするクリスチャン・プリシッチ。

若くしてその才能をドルトムントに見いだされ、瞬く間に世界にその名前を轟かせている。

リバプールなど、ビッククラブへの移籍の噂もあるプリシッチを紹介したいと思う。

続きを読む

ヤルモレンコのプレースタイルやドルトムントでのポジションは?ウイイレとFIFAの能力値も!

ヤルモレンコ

ドイツの長く偉大な伝統を誇るサッカークラブ、ボルシア・ドルトムントにまた、期待の若手が入団した。

ロシア生まれのこのウクライナ人は、そのほとんどを自国のウクライナリーグでプレーするが、今年の8月、その素質を見抜いたドイツの名門、ボルシア・ドルトムントが4年の契約をもって招聘することを決定したのだ。

ドルトムントといえば我が日本が誇る香川真司が足掛け二回のキャリアーを重ね所属している超名門クラブである。

ここ数シーズン、同国最大のビッククラブであるバイエルン・ミュンヘンの後塵を拝しているが、各国の若手有望株を積極的に補強しマイスター・シャーレの奪還に闘志を燃やしている。

その賜杯奪還に燃える名門クラブに新たに加入したメンバーが、今回ご紹介するアンドリー・ムィコラーヨヴィッチ・ヤルモレンコだ。

続きを読む

マクシミリアンフィリップのプレースタイルやポジションとFIFAやウイイレの能力値は?

マクシミリアン・フィリップ

この夏、ボルシア・ドルトムントは奇人/トゥヘル監督の解任と、わがわまま/デンベレノの移籍騒動でファンをヤキモキさせました。

で、そんなゴタゴタに目を奪われている陰で、着々と、盛大に選手獲得を繰り広げていたことに気づいている人は、気づいてましたね。

監督は名将と噂されたピーター・ボスに切り替えたので、腕前拝見とばかり、戦術、布陣にいろんな意見、予想が飛び交っていました。

ということで、フタを開けたら、4-3-3。目を奪われたは、左のウィングのポジションをゲットしていたマクシミリアン・フィリップという若者でした。

フライブルグから2000万ユーロ(約26億円)で移籍してきた、U-21ドイツ代表選手です。

続きを読む

ジェレミー・トリアンのプレースタイルは?ドルトムントでのポジション奪取でドイツ代表にも選出か?

ジェレミー・トリアン

ヨーロッパチャンピオンズリーグが活況を迎えている。

17-18シーズンの各グループを展望すると、やはりスペインのバルセロナ、レアルマドリードあたりを中心にヨーロッパチャンピオンを争う展開になりそうだ。

そんなヨーロッパチャンピオンズリーグに日本人のエースストライカー香川真司を抱えるドイツの強豪クラブ、ボルシア・ドルトムントが出場している。

今回ご紹介するのはそのドルトムントに所属する若きドイツ代表、ジェレミー・トリアンである。

1899ホッフェンハイムからビッククラブ入り乱れての争奪戦を制したドルトムントが、新加入のトリアンをどこまで成長させることができるのか、今後の未来を占う。

続きを読む