インモービレがラツィオ移籍で復活!プレースタイルとウイイレやFIFAの能力値を調べてみた!

チーロ・インモービレ

イタリアの背番号10を背負い、ゴール前で悲しく佇んでいたロベルト・バッジョを思い出した。

1994年、アメリカで行われたワールドカップで世界を魅了した美しいストライカーであった。

今回ご紹介する選手、チーロ・インモービレを取り上げる際に、イタリアのレジェンドを取り上げないわけにはいかないと感じた。

イタリアのストライカーにはプロとして抜け目のない完璧なストライカーとしての資質が求められる。

チーロ・インモービレにその資質があるのかどうか、大きな試練を乗り越えた伊達男の才能に迫る。

Sponsored Links

チーロ・インモービレのプレースタイルは?

先ずはプロフィールから追いかける。

  • 本名:チーロ・インモービレ(Ciro Immobile)
  • 国籍:イタリア
  • 生年月日:1990年2月20日
  • 年齢:27歳
  • 所属:ラツィオ
  • 身長:183センチ
  • 体重:85キロ
  • 利き足:右足
  • 使用スパイク:adidas& アンブロ?
  • 背番号:17

チーロ・インモービレのプレースタイルは、重戦車のようにゴール前で決定的な仕事をする機動力を生かしたストライカーだ。

本拠地におけるローマダービーの宿敵であるASローマに所属するイタリアの貴公子フランチェスコ・トッティに、どことなく似ているように感じるのは私だけであろうか。

所属チームラツィオにおけるツートップの左を任されているチーロ・インモービレは、首位ナポリに対して勝ち点3ポイントをつけられている好調のチームを引っ張り、自身も14得点を上げて得点王へひた走っている。

狙った獲物を一撃で仕留めるようなゴール決定力は、ディフェンスのレベルがシビアなセリエAにおいては貴重な存在である。

空中戦やボレーシュートなど強みを発揮する嗅覚はまさに理想のゴールゲッターだ。

Sponsored Links

チーロ・インモービレの輝かしい成績について

ヨーロッパを中心に各チームを渡り歩いたチーロ・インモービレは、今がキャリアの絶頂期を迎えていると言っても差し支えあるまい。

自分というフォワードはどのような特徴があるのかをクレバーに分析できる選手に見える。

イタリアの超名門ユベントスの育成でサッカーの真髄を植えこまれ、スペインやドイツで欠けているピースを補填する作業をしっかりと積み重ねてきた結果が、今の爆発的な活躍に繋がっていると言える。

既に、セリエAとBにおいて得点王を手にしているチーロ・インモービレは、今シーズン3回目の獲得も射程に捉えつつあるようだ。

チーロ・インモービレが味わった辛酸と復活への道筋

チーロ・インモービレのサッカー人生を振り返ると、いくつかの試練があった。

ビッククラブでの育成における飼い殺しの例は、数えればキリがないほどのエピソードがあるが、チーロ・インモービレにおいてもその例外ではなかった。

しかし、個人の思惑とクラブの方向性は決して一つであることの必要がないことをこのチーロ・インモービレが証明してくれたように感じた。

不遇を味わったスペインやドイツでの経験もチーロ・インモービレにしてみれば華やかなショウタイムにおける踊り場のように感じていたのかもしれない。

今シーズン、セリエAでの活躍が大注目の選手である。

Sponsored Links

チーロ・インモービレのウイイレやFIFAの能力値は?

ラツィオでの活躍が期待されるチーロ・インモービレですが、ウイイレやFIFAの能力値はどれくらいなのでしょうか?

総合値と主な能力値を調べてみると・・・

ウイイレ 2108

  • 83:総合値
  • 84:オフェンスセンス
  • 86:決定力
  • 80:ヘディング
  • 86:キック力
  • 85:スピード
  • 83:ボディコントロール

参考:http://we2018.kouryakuki.net

ストライカーとしての能力値が高いですね。

FIFA 18

  • 84:総合値
  • 83:スピード
  • 80:ドリブル
  • 86:シュート
  • 41:ディフェンス
  • 66:パス
  • 77:フィジカル

また特性が

  • オフサイドトラップの回避を試みる

スペシャリティが

  • 点取り屋

能力

  • 攻撃意識 高い

となっています。

参考:https://www.easports.com

イタリアを代表する点取り屋として活躍が期待されるチーロ・インモービレ。

ウイイレやFIFAの能力値を見ても期待の大きさが分かりますね。

※ウイイレとFIFAの能力値などは記事執筆時の数値です。

まとめ

イタリアがいないワールドカップを想像することは到底有り得ないことと感じるが、チーロ・インモービレのような早く、強く、そして鮮やかなプレーを世界中の人が見ると思うと興奮が止まらない感じだ。

はじめに触れた、ロベルト・バッジョのような活躍を充分見込める今が旬のサッカー選手である。

チーロ・インモービレには、クラブでのリーグ制覇や、ワールドカップでの活躍を真摯に願いたい。

グループリーグで後塵を拝したスペインとのリベンジを果たすためにも、11月10日が大変に楽しみだ。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。