ベルナルデスキのポジションやプレースタイルは?移籍や刺青も気になる!

フェデリコ・ベルナルデスキ

今から12年前、中田英寿も着けていたフィオレンティーナの10番を、若干二十歳の若さで手に入れた選手は、今シーズン、遂に名門ユヴェントスに加入した。

彼の名は“フェデリコ・ベルナルデスキ(Federico Bernardeschi)”愛称は“ベルナ”だ。

ベルナルデスキのファンなら、誰もが目に焼き付いて忘れられないのが、2015/16シーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップだろう。

前年度のCL王者バルセロナを相手に、見事2ゴールを決め、その名を世界に轟かせた。

今回は、イタリアの10番をも担える天才、「新たなバッジョ」と呼ばれている、“フェデリコ・ベルナルデスキ”を紹介しよう。

Sponsored Links

ベルナルデスキのプロフィール!両腕の刺青も気になる!

  • 本名:フェデリコ・ベルナルデスキ(Federico Bernardeschi)
  • 愛称:ベルナ
  • 身長:183cm
  • 体重:75kg
  • 利き足:左利き
  • 背番号:33(ユベントス)、29(イタリア代表)
  • 使用スパイク:ナイキ マジスタ オブラ II FG

マルコ・ルイスを思わせる整った顔立ちで、スタイリッシュなプレーとファッション性が話題を呼び、女性人気も相当に高いイケメン。

両腕に入っている刺青も強烈なインパクトがある。

最近は、タトゥーを入れているサッカー選手が多いがフェデリコ・ベルナルデスキの両腕の刺青はヨーロッパで活躍するサッカー選手の中でもかなり目を引く。

どんな意味を込めて入れた刺青なのかも気になるところ。

幼少期から才能溢れるプレーで周囲を驚かし、最初にスカウトされたのは僅か7歳の時だったというベルナルデスキ。

10歳の時にフィオレンティーナの下部組織に移籍すると、その後の10年間を過ごし、セリエBのクロトーネにレンタル移籍後、20歳でフィオレンティーナにてセリエAデビューを飾った。

その僅か2か月後に足首を骨折し、約半年間を治療に当てる事となるが、無事に復帰すると、翌2015/16シーズンからは10番を与えられた。

ここからは怒涛の快進撃を見せつけ、セリエA32試合で11ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグ8試合で2ゴール1アシストを挙げ、ベルナルデスキの名が世界中を駆け巡った。

Sponsored Links

ベルナルデスキが名門ユヴェントスに移籍

移籍金4000万ユーロ(約52億円)の5年契約という、非常に将来性を買われた契約にベルナルデスキはサインした。

当初は10番を期待されていたが、本人が33番を希望し、メーカーやファンの希望は持ち越しとなった。

しかし、ベルナルデスキもユーヴェの壁を認識しつつも、10番獲得に前向きなだけに、そう遠くない未来で、ユーヴェでも「新たなバッジョ」が実現するかもしれない。

ベルナルデスキのポジションやプレースタイルは?

トップ下、シャドー、ウィング等、アタッカーなら左右にこだわらず、どこでも出来る器用さがある。

高い得点能力と、ピンポイントで合わせられる高精度のラストパスが武器だ。

さほどスピードはないが、足元技術がしっかりしている為、ドリブルでも果敢に前に出ていく。

FKやPKを任される事からも、キック技術と精度の高さは折り紙付きだ。

ゴール前でも、僅かな糸を手繰り寄せ、創造性溢れるプレーで周囲をあっと言わせる事が出来る。

何人に囲まれても、強気な突破を図り、縦への執着力は目を見張るものがある。

Sponsored Links

ベルナルデスキの課題

ベルナルデスキのキープ力やドリブルテクニックは、確かに有効ではあるが、非常に怪我をしやすい持ち方をしていて、見ているとハラハラさせられるものがある。

バルサのイニエスタが、ベルナルデスキの真逆にいる様なテクニックの持ち主で、自分は動かず、相手を動かす事で、包囲網を突破していくスタイルだ。

わざとボールを晒す事で、相手が詰めてきたところをカウンター気味にかわしていく。

ベルナルデスキはこの逆で、相手は動かさず、自分が動く。

自分から次々とフェイントを仕掛ける事で突破を図るが、相手が吊られて態勢を崩すフェイクではないので、そのままDFの突進を受ける事が非常に多い。

もう一つ心配なのは、キックモーションが大きい事だ。

ベッカムの様に、腕でしっかりとバランスを取るキックフォームの為、精度は高いが隙が大きく、これもDFに詰め寄らせてしまう要因となっている。

特にドリブルに関しては、セットプレーを得る為という戦略的な部分もあるのかもしれないが、一度大怪我をしてしまっているだけに、プレースタイルの見直しを図ってみて欲しいところだ。

Sponsored Links

フェデリコ・ベルナルデスキのウイイレやFIFAの能力値は?

ユヴェントスに移籍し活躍が期待されるフェデリコ・ベルナルデスキですが、ウイイレやFIFAの能力値はどれくらいなのでしょうか?

総合値と主な能力値を調べてみると・・・

ウイイレ 2108

  • 83:総合値
  • 83:ボールコントロール
  • 85:ドリブル
  • 80:プレースキック
  • 82:カーブ
  • 83:キック力
  • 83:スピード
  • 85:瞬発力
  • 82:スタミナ

参考:http://we2018.kouryakuki.net

オフェンスの能力値が高いですね。

FIFA 18

  • 82:総合値
  • 84:スピード
  • 86:ドリブル
  • 76:シュート
  • 34:ディフェンス
  • 77:パス
  • 65:フィジカル

参考:https://www.easports.com

また特性が

  • 逆足を極力を使わない
  • 華麗な身のこなし
  • ロングシューター
  • テクニカルドリブラー

スペシャリティが

  • ドリブラー
  • アクロバット

能力として

  • 攻撃意識 高い

となっています。

ユヴェントスの新たな攻撃力としての期待が、このウイイレやFIFAの数値を見ても分かりますね。

※ウイイレとFIFAの能力値などは記事執筆時の数値です。

まとめ

ベルナルデスキ本人が「今年、自分はこのユニフォームを着ることができると証明しなければいけない」と言っている様に、まずはユーヴェでワンステップ上のサッカーに、早く慣れる必要があるだろう。

スキルがハッキリしているだけに、チームが追う展開となれば、必ず出番は回ってくる筈だ。

トッティの後釜に相応しいスタイルなだけに、今季、ベルナルデスキにかかる期待はとてつもなく大きい。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。