リーガ・エスパニョーラ

ホセアルナイスのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値が低すぎ?!

随分と荒々しいサッカーをするもんだと驚いた。

派手な衣装を身にまとい雄々しく戦うマタドールともいうべきか、闘志満々のプレースタイルである。

日本では、ほぼ名前が浸透されていないが、ヨーロッパではスペインリーグにおける台風の目となることを予感させる有望な選手であるそうだ。

今回ご紹介する選手は、そんな地元スペインの期待と注目が熱いバルセロナBチームに所属するホセ・アルナイスである。

無名であった選手がメッシのようにスターの座を掴むことができるのか、その将来を語る。

続きを読む

デウロフェウのプレースタイルや天才メッシとの関係は?ウイイレやFIFAの能力値も気になる!

ジェラール・デウロフェウ

2010年、FCバルセロナに所属するラ・マシア(バルサの育成寮)出身のシャビ、イニエスタ、メッシの三人は、FIFAバロンドールの最終ノミネートに選出された。

結果はメッシの受賞となったが、シャビはこの状況を「カンテラと、クラブの哲学の勝利」という、美しい言葉を残している。

そして同じくラ・マシア出身として、僅か18歳でバルサのトップチームに呼ばれた選手がいる。

彼の名は“ジェラール・デウロフェウ(Gerard Deulofeu Lázaro)”。

幼くして天才ドリブラーと崇められ、「メッシの再来」とまで呼ばれた選手は、23歳になって、よくやくバルサに帰ってきた。

ラ・マシア出身の彼が、なぜそんな経歴を歩むことになったのか?デウロフェウとは一体どんな選手なのか?

今回は、波乱に満ちた光と影の経歴を合わせ持つ“デウロフェウ”について紹介してみたい。

続きを読む

ネルソンセメド(バルセロナ)のプレースタイルやネイマールとの関係は?ウイイレやFIFAの能力値も気になる!

ネルソン・セメド

ポルトガル最高の右サイドバックと称されるネルソン・セメドが、サイドバックの移籍金としては現状世界最高額の移籍金でバルセロナに入団しました。

もたつくレアル・マドリーを尻目に、開幕から順調にリーグ首位を走るバルセロナの、勝因のひとつはネルソン・セメドの活躍と言われています。

オールマイティな攻撃力と高い守備能力を兼ね備えた23歳に、リーガウォッチャーのみならず世界中のフットボールファンが注目しています。 続きを読む

カルレスアレーニャのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

カルレス・アレーニャ

バルセロナとは偉大なクラブだ。

サッカーの世界において、常に革命を起こし続けている。

最先端のフォーメーションを駆使し、それをピッチ上で表現できる世界最高の選手を使い続けている。

そんな世界最高クラブの下部組織出身であるカルレス・アレーニャが今回、ご紹介する選手だ。

バルセロナの強さとは何なのか、なぜ多くの優れた選手を輩出することができるのかなど興味は尽きない。

続きを読む

エンツォジダンのプレースタイルや実力は?移籍やFIFAやウイイレの能力値も気になる!

エンツォ・ジダン

1990年代中盤から2000年代中盤まで、クラブやワールドカップで世界中をサッカーで魅了したジデジーヌ・ジダンを皆様は覚えておられるだろうか?

1998年ワールドカップ、ヨーロッパ選手権、クラブワールドカップ、バロンドール等々、主要なタイトルや個人成績で他を圧倒する成績を収めてきたかってのスーパースターだ。

そんなフランスの英雄は、結婚し子供をもうけ男の子4兄弟の父親となっている。

今回ご紹介するのはその長兄にあたるエンツォ・ジダンを取り上げさせていただく。

続きを読む

パコアルカセルのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値と年俸も調べてみた!

パコ・アルカセル

2017年3月、世界中で「バルサ大逆転」の見出しが躍った。

バルセロナは、CL決勝トーナメント1回戦2nd legでPSG相手に、奇跡の大逆転を収め、ベスト8に進出し、この試合で大活躍したネイマールは、世界中の称賛を浴びた。

ここで想像してみて欲しい…同じ様な状況で大活躍した選手が、下部組織出身の生え抜きの選手だったら?それが若干20歳の選手だったら?と。

そんな偉業を成し遂げ、僅か一試合で世界中を虜にした男がいる…“フランシスコ・アルカセル・ガルシア(Francisco ‘Paco’ Alcacer García)”、愛称は“パコ“だ。

今回は、黄金期スペインの遺伝子を継ぐ者、“パコ”について紹介してみよう。

続きを読む

ユムティティのプレースタイルは?FIFAやウイイレの能力値と評価も気になる!

サミュエル・ユムティティ

ルイス・エンリケ監督が去り、ネイマールが去り、今シーズンはどうなるのだろうとファンの心配が膨らんでいたFCバルセロナですが、良い意味で期待を裏切り、リーガ・エスパニューラの首位を快走しています。

攻撃は、デンベレが早くに戦線離脱したこともあり、悪い予想どおりメッシ頼みが否めませんが、守備が盤石。

クリーンシートのゲームを積み重ねています。

その原動力となっているのが、センターバックに陣取るサミュエル・ユムティティであることは誰もが認めるところです。

プジョルが抜けてから、結局ピケ頼み。

絶対的な後継者が見つからなかったバルセロナのこのポジションですが、ようやくその候補が育ちつつあると安堵する声が広がっています。

続きを読む