ナビ・ケイタのプレースタイルやポジションは?FIFAやウイイレの能力値とリバプールへの移籍も気になる!

ナビ・ケイタ

ドイツ、ボルシア・ドルトムントで名将の座を揺るぎないものにしたユルゲン・クロップ。

溢れる情熱とファンを魅了する、愛嬌あるキャラクターが人気だ。

そんなクロップのコメントが、世界中で反響を呼んでいる。

「次は3億ユーロ(役390億円)だ!!」

”ナビ・ケイタ”について「何かあるか?」と問われたクロップは、冗談交じりの笑顔で、そう答えたと言う。

現在、リヴァプールで指揮を執るクロップだが、若手の発掘と育成の手腕には、香川を通して日本でも広く知られている。

そのクロップが、3度の交渉が失敗に終わったにも関わらず、3億ユーロ発言で諦めない姿勢を見せ続け、とうとう来シーズンからのリヴァプール加入が決まった待望の22歳

それが作季ブンデスリーグ2位の原動力になった“ナビ・ケイタ”だ。

今回はケイタの魅力と、特別な能力について紹介する。

Sponsored Links

ナビ・ケイタの身長やポジションは?

ナビ・ケイタの身長は174cm、体重は64kgと、どちらかと言えば線が細い方。

日本人で例えるなら、柴崎岳が身長175cm、体重64kgと、ほとんど同じ体格でイメージし易い。

そんな体格でブンデスのピッチを所狭しと駆け回っているのだから、誰もが一度見たら強烈なインパクトを受けるだろう。

ケイタはCMFからDMFまで幅広く活躍出来る中盤の選手。

現在のライプツィヒでは、ツーボランチの左右にとらわれず起用されている。

ケイタは右利きで、左のタッチは割と少ない。

だが右だけでも、アフリカの選手ならではの、独特かつしなやかなタッチでファンを魅了している。

ナビ・ケイタのスパイクは!?

ナイキ ハイパーヴェノム ファントム 3 DF FGを気に入っているのか、レーザーオレンジ、エレクトリックグリーン、フォトブルー等を、色違いで履いている。

気になるナビ・ケイタのプレースタイルと特徴は!?

ナビ・ケイタは、チェルシーのカンテと比較されることもあるようだが、カンテとは少しプレースタイルが異なるようだ。

ケイタのプレースタイルと言えば、攻守に貢献出来る、中盤の底の司令塔といったネーミングがしっくりくるプレースタイル。

作季の昇格組にして打ち立てた無敗記録は、要所要所でケイタが攻守に効いていたおかげと言っても過言ではない。

そしてケイタの能力の中で、最も注目して貰いたいのは、“仕掛けるタイミングの完成度”だ。

Sponsored Links

ナビ・ケイタはどうして絶妙な仕掛けが出来るのか!?

日本代表の岡崎は、ザッケローニ監督時代に常々言われていた事があると言う…

それは「先にスペースに入るな」というものだ。

ザック時代、岡崎は右サイドで起用される事が多く、左からのクロスをファーサイドで狙う機会が多かった。

その際、点を取りたい気持ちが先走ってしまい、美味しいスペースを自分が先に埋めてしまうせいで、自分からご馳走を逃しているとザックは指摘した。

ケイタを見てこの逸話を思い出したのは、あまりにも見事に自分の手の届くギリギリの距離に、美味しいスペースを残しておいて、攻守に仕掛ける事が出来るからだ。

相手選手からすれば、貰う時には確かにフリーだったはずが、トラップをした瞬間にどこからか走りこんできたケイタが風の様に掻っ攫っていく…何がなんだか分からないといった印象だろう。

攻撃でも同じく、ライプツィヒの4-4-2で真ん中がぽっかり空いている事が多いのも、ケイタが自分で出ていけるスペースを残している為という気がしてならない。

機を伺いながら素早く前線に駆け上がり、気付いたらいつの間にかケイタがトップ下で司令塔となってチームを動かしている。

あげくには自分でも作季8ゴールを挙げるなど、チームの勝利に決定的な役割を果たし、昇格組のチームをリーグ2位に導いた。

おまけに体幹が強く、ハードワークを少しも苦としない、まさに恐ろしい逸材だ。

Sponsored Links

ナビ・ケイタのFIFA 2017の能力値は?

気になるナビ・ケイタのFIFA 2017での能力値を見てみよう。

攻撃

能力値 項目
62 クロス
69 決定力
42 ヘディング精度
82 ショートパス
55 ボレー

スキル

能力値 項目
85 ドリブル
63 カーブ
47 FK精度
76 ロングパス
84 ボールコントロール

ムーブメント

能力値 項目
82 加速
72 トップスピード
90 敏捷性
82 リアクション
90 バランス

パワー

能力値 項目
76 シュートパワー
56 ジャンプ
91 スタミナ
59 パワフル
66 ロングシュート

メンタリティー

能力値 項目
77 積極性
77 パスカット
70 ポジショニング
81 視野
58 ペナルティ
79 Composure

ディフェンス

能力値 項目
55 マーク
63 タックル
61 スライディング

ゴールキーピング

能力値 項目
7 GK ダイビング
14 GK ハンドリング
15 GK キック
14 GK ポジショニング
9 GK 反射神経

※FIFA 2017の能力値は記事執筆時に調べたものになります。

特筆すべきは、スタミナの91とバランス&敏捷性の90。

ナビ・ケイタは、アフリカの選手特有の身体能力の高さがFIFAの能力値からも分かる。

Sponsored Links

ナビ・ケイタのウイイレの能力値は?

ウイニングイレブンの能力値も気になったが、ウイニングイレブン2017の能力値はヒットせず。

来季、リバプールへの移籍が決まっていることから、ウイニングイレブン2018での能力値は注目を集めそうだ。

まとめ

ケイタは紙一重の距離感を自在に操りながら、攻守に自分の存在を惜しみなくアピールしている。

とうとう移籍が実現したリヴァプール移籍にしても、これ程のキーマンをライプツィヒ側も手放す筈が無く、移籍が決まったとはいえ来季からの移籍という異例のものだ。

まだ伸び盛りの22歳で、チームも4節が終わって5位、更に来季には育成名人クロップも控えているとなれば、今後もナビ・ケイタの飛躍が楽しみなのは一部のファンだけではない筈だ。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*