プレミアリーグ

ピックフォード(エバートン)のプレースタイルは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

2016-17シーズン、プレミアリーグで最下位に終わり、2部降格の憂き目にあったサンダーランドの中で、評価を高めた数少ない選手の一人がゴールキーパーのピックフォードである。

最下位のチームなので当然失点が多かったのだが、それ以上に彼のファインセーブでチームが救われたシーンが目立っていたということである。

実際に、地元ではピックフォードがいなければ、もっと早く降格が決定していたと言われているほどである。

今回はそんなイングランド期待の若手ゴールキーパー、ピックフォードのプレースタイル、移籍話などをまとめてみた。

続きを読む

ドミニクソランケ(リバプール)のプレースタイルは?ウイイレやFIFAの能力値も気になる!

昨シーズンのイングランドプレミアリーグにおけるチェルシーの強さは圧巻の強さであった。

序盤から中盤までの13連勝や、イタリア人監督のアントニオ・コンテ氏が敷いた3-4-3の布陣が見事にはまり2期ぶりの優勝を成し遂げた。

そんな隙の無い戦いを見せたチェルシーから才能溢れる若き逸材がまたも流出した、それが今回ご紹介するアンダー21歳のイングランド代表、ドミニク・ソランケである。

ナイジェリア人の血も流れる若き点取り屋の活躍は、新天地であるリバプールにおいても花開くのか、その未来に注目する。

続きを読む

イドリッサゲイェのプレースタイルやポジションは?FIFAやウイイレの能力値も気になる!

イドリッサ・ゲイェ

セネガル代表と言えば、2002年日韓ワールドカップでの大活躍が記憶に残っている方が多いのではないか。

強豪ひしめくグループリーグを1勝2分けで突破し、デンマークに次ぐ2位で見事、決勝トーナメントに進出した。

正直、サッカーのセネガル代表と言われて、あまりピンと来ることがなかったが、唯一フランス代表の国籍も持つデン・ババを思い出した。

今回は、優れたアフリカ選手の継承を受け継ぎ、キャリアの頂点を迎えている同じセネガル代表、イドリッサ・ゲイェにスポットを当てる。

続きを読む

ジンチェンコのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値を調べてみた!

オレクサンドル・ジンチェンコ

ウクライナのサッカー選手と言えば、ACミランで活躍し、バロンドールを受賞したアンドリー・シェフチェンコが真っ先に思い浮かぶだろう。

しかし、今、英雄シェフチェンコを超える可能性を持った若者が登場しているのをご存知だろうか。

ウクライナの至宝と評されるオレクサンドル・ジンチェンコである。

2015年10月12日に開催されたユーロ2016の予選スペイン代表との一戦で18歳にして初キャップを記録し、翌2016年5月29日に行われたルーマニア代表との親善試合では19歳で初ゴールを記録している。

そしてこのゴールがアンドリー・シェフチェンコが保持していた最年少得点記録を19歳に更新するゴールとなった。

今回の記事では、そのジンチェンコのプレースタイル、ポジションなどについて紹介する。

続きを読む

イウォビのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

アレックス・イウォビ

ピッチを飛び跳ねるように美しく舞い踊りながらのサッカーは、見ている者を爽快な気分にさせてくれる。

アーセナルの本拠地であるウェンブリースタジアムでの喝采を一身に浴びて活躍する姿は若き英雄を思わせる。

今回ご紹介する選手は、そのウェンブリースタジアムをホームタウンとするイングランドの超名門クラブ、アーセナルに所属するアレックス・イウォビである。

プレミアリーグの頂点を極めて久しいアーセナルにおける革新のトリガーとなれるのか、内外の注目が、この21歳の若者に注がれている。

続きを読む

リシャルリソンのプレースタイルやポジションは?移籍やウイイレとFIFAの能力値も気になる!

リシャルリソン・デ・アンドラーデ

世界最高の人気リーグであるイギリスのプレミアリーグが開幕して、もう9試合が経過した。

マンチェスターの両ビッククラブが首位を堅持している比較的ノーマルな展開を見せているようだが、ヨーロッパリーグへあと一歩の中位につけ、台風の目を予感させる高位置につけるワトフォードが面白い。

そんな、ワトフォードの期待の新人フォワードが今回ご紹介する選手である。

名前は、リシャルリソン・デ・アンドラーデ、アンダー20歳のブラジル代表である。

ブラジルのフルミネンセから加入したルーキーは、プレミアの地で旋風を起こせるのか、その活躍を追う。

続きを読む

キーラントリッピアー(トッテナム)のプレースタイルやウイイレやFIFAの能力値は?

キーラン・トリッピアー

イングランドのサッカーに対する情熱は凄まじいものだ。

サッカー発祥の地としてのプライドと自負は、イングランドプレミアリーグの活況を見てみれば自ずと理解することができる。

サッカーにおけるサイドバックのポジションは、試合の趨勢を決定的にするという話は過去にした、世界的に見てもその貴重なサイドバックの人材難が聞こえて久しい感じがする。

今回ご紹介する選手はそのイングランドの期待のサイドバック、キーラン・トリッピアーである。

サッカーの母国としての威信を守り抜くだけの人材であるのかどうか、ワールドカップと共に再び世界のトップへ登りつめるチームの要となれるのであろうか、その選手評に迫る。

続きを読む

トゥアンゼベのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も調べてみた!

アクセル・トゥアンゼベ

アフリカの偉大な大地のおかげであろうか、その男は輝く原石を思わせる存在感を放っていた。

巨大なビッククラブにおいて、そのボトムラインを形成する使命を与えられたこの若き戦士は、自分の成すべきことがどれほど重要であるかを全て吞み込んでしまう程の圧倒的な雰囲気がある。

今回ご紹介するのは、マンチェスターユナイテッドに所属する19歳、アクセル・トゥアンゼベである。

イングランドとコンゴ民主共和国の二つの国籍を有するこの若き青年は、クラブの大きな期待を背負っているようだ。

そんなアクセル・トゥアンゼベにおける今後の未来は?その将来を追っていく。

続きを読む

ルベンネヴェスのプレースタイルやポジションは?移籍とウイイレやFIFAの能力値が気になる!

ルベン・ネヴェス

それにしてもヨーロッパを見渡すと、素晴らしい人材が溢れているものだ。

サッカー人気は世界中を過熱させる素晴らしいスポーツ文化だが、日本と比べるとその人材の集まりは雲泥の差を痛感させられる。

今回ご紹介するのは、若干20歳のポルトガル人で、将来のポルトガルを背負って立つと言われているルベン・ネヴェスである。

ポルトガルと言えば、世界的なスパースターであるクリスティアーノ・ロナウドを輩出したヨーロッパの古豪国だ。

伝統と格式を継承する重圧と責務は、凡人では計り知れないものがあるはずだ。

プライドを保ち、輝かしい功績を守り受け継ぐだけの資質と素養を兼ね備えているのかどうか、その人物像にフォーカスする。

続きを読む