プレミアリーグ

フィルフォーデンのプレースタイルやポジションは?マンチェスターシティ期待の若手が話題!

フィル・フォーデン

2000年生まれのプロサッカー選手を紹介するとは大変な驚きだ。

まだ17歳、捉え方によっては幼い子供である。

3か月前に行われたインターナショナル・チャンピオンカップにおいて、17歳の若き才能が対戦相手のライバル、マンチェスターユナイテッドとの試合でびのびとピッチを駆けまわっていた。

今回ご紹介するのはそんな期待の17歳、マンチェスターシティに所属するフィル・フォーデンである。

トップアスリートの若年化が激しいサッカー界の象徴となれるのか、その今後を占うことにする。

続きを読む

イヘアナチョのプレースタイルは?レスター移籍で岡崎とのポジション争いが勃発か?!

ケレチ・イヘアナチョ

近年低迷が続くナイジェリアにとって、希望の星と言われている逸材。

今シーズン、マンチェスターシティーからレスターへの移籍を果たし、心機一転、新チームでの活躍が期待されるイヘアナチョ。

その才能に多くのクラブが争奪戦を繰り広げたと言われる。

今回はそんな彼に迫りたいと思う。

続きを読む

アンドリューロバートソンのプレースタイルやリバプールでの評価は?ウイイレやFIFAの能力値も!

アンドリュー・ロバートソン

開幕5試合で12失点の守備について記者から質問されて、「これからだよ。私は守備については詳しいんだ。本が何冊も書けるほどの知識があるだ!」とまくしたてた、リバプールのユルゲン・クロップ監督でした。

愛すべき人ですね。質問した記者も、問い詰めるつもりなんかなかったのに、意外な答えが、あのハイテンションで返ってきて「そうですか」としか言い返せなかったでしょう。

クロップは、明らかにリバプールを立て直しました。功労者です。

ただ、守備がザルなのも動かしがたい事実。

なぜ、ディフェンダーの大型補強をしないのだという声を長く無視し続けている点は、立派だという声もありましたが、やっぱり不可解と言えば不可解でした。

なんか、意地になっているのかな。と心配がつのり始めた2017年の夏、とうとう、何やらその気かもと思える補強を発表してくれましたね。

スコットランド代表のアンドリュー・ロバートソンを、降格したハル・シティから800万ユーロ(約10億円)で獲得したのです。

続きを読む

エデルソンモラレスのプレースタイルやマンCへの移籍金は?ウイイレやFIFAの能力値も!

エデルソン・モラレス

欧州移籍市場の勝ち組/ベンフィカが、2017-18シーズンの夏に成立させたふたつのビッグディールといえば、ネルソン・セメドともうひとつ、このエデルソン・モラレスの移籍です。

ポジションはゴールキーパー。

1993年生まれのブラジル国籍。

もう、セレソンにも呼ばれています。

移籍先はマンCです。はい、そうです。

これだけで、わかる人にはわかりますよね、モラレスくんのプレースタイルは。

続きを読む

ダビンソンサンチェスのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値も気になる!

ダビンソン・サンチェス

もひとつやる気の所在が不明なのが、トットナム。

毎年あれほどプレミアシップに届きそうで届かないのに、今シーズンもまた、選手補強でやる気があるのかないのかわからない感じです。

そんなモヤモヤを晴らすようにやってきたのが、ダビンソン・サンチェス。

クラブレコードの移籍金を積んで、アヤックスからやってきたこの若者は、さて、どれくらいやってくれるのか。

北ロンドンの名門のサポーターは、やっぱり相変わらず、ヤキモキしているようです。

続きを読む

アーノルド(リバプール)のプレースタイルやポジションは?FIFAやウイイレの能力値も調べてみた!

トレント・アレクサンダー・アーノルド

トレント・アレクサンダー・アーノルドとは素晴らしい名前だ。

何かハリウッドスターを思わせるような統治者を想像させる威厳のある雰囲気がある。

イングランドが、サッカー大国の威信をかけて育て上げてきたのが今回ご紹介する文頭の名前を冠した若き期待の星だ。

サッカー発祥の地であるイングランドにおける中心人物となりうるのか興味は尽きないが、若干18歳のA代表経験もないそれこそ未開の若駒にサッカーの電源地としての冠を背負っていけるだけの器があるのかどうか、クラブでの活躍と共にその可能性を探る。 続きを読む

ガブリエルジェズスのプレースタイルやポジションは?FIFAやウイイレの能力値と怪我も気になる!

ガブリエル・ジェズス

ブラジルサッカー界が待望した、若き天才が再び誕生した。

リオオリンピックで、ネイマール率いるブラジル代表が悲願の金メダルを獲得したことは記憶に新しいが、そのネイマールの陰に隠れることなく存在感を随所に発揮したのが今回紹介するガブリエル・ジェズスだ。

この若き才能は、海外のビッククラブが興味を持つことは必然で、イギリスの超名門クラブマンチェスターシティが5年の契約をもって迎えることに成功した。

ブラジルと言えば、サッカーの母国であるプライドと威厳と数々のタイトルをその手中に収めてきた偉大なる歴史が存在する。

そんなブラジルにおけるサッカーの存在意義は絶対的なものを信仰するように厳格なものであり、他の余分な要素が入り込める余地のない生まれながらの神源性が存在する。

続きを読む

ラッシュフォードのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値が驚愕!

マーカス・ラッシュフォード

世界中を見渡しても、今のサッカー界で、この選手ほど見ていてワクワクさせる選手は他に居ないだろう。

18歳という若さで、名門マンチェスター・ユナイテッドの一員として、オールド・トラッフォードに立つことを許された選手…それが“マーカス・ラッシュフォード(Marcus Rashford)”だ。

チームの哲学と、そのスキル磨きに定評があるのがバルサなら、ジョージベスト、ベッカム、スコールズ、ギグス、ポグバと、個性を最大限伸ばす育成に定評があるのが、マンUアカデミー(下部組織)だろう。

今回は、マンUアカデミー史上、最高傑作との呼び声も高い“マーカス・ラッシュフォード”を紹介する。

続きを読む

ベルナルドシウバのプレースタイルやポジションは?FIFAやウイイレの能力値も調べてみた

ベルナルド シウバ

古くはエウゼビオから、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウドに至るまで、サッカー界において常に個性溢れるアタッカーを輩出しつづけるポルトガル。

そんなポルトガルの次世代の注目アタッカーとして、にわかに注目を集めているのが、2017年シーズンよりフランスのモナコからイングランドのマンチェスター・シティへと移籍した、ベルナルド・シウバ。

その移籍金はなんと約61億円といわれていますが、一体どんな実力の持ち主なのか?

今回は、ベルナルド・シウバについて見ていこう。

続きを読む

コラシナツのプレースタイルやポジションは?ウイイレやFIFAの能力値と筋肉や内田との関係も!

セアド・コラシナツ

何度もの分裂があり、国名が変わり、昔ユーゴスラビアと呼ばれたサッカー王国は、サッカーシーンから姿を消しました。

セアド・コラシナツは、そんな旧ユーゴのひとつ、ボスニア・ヘルツェゴビナから登場した(ドイツ生まれドイツ育ちなんだけど、代表はこっちを選択)久々のスター候補生です。

2017年にアーセナルに移籍するや、シーズン序盤から観客の度肝を抜きまくるパフォーマンスを披露。

数々の名選手を輩出した伝統の系譜を、今に蘇らせるのかもと、かなり期待されています。

続きを読む